ご無沙汰です。

お仕事情報

「紅のメリーポピンズ」最終話楽しんでいただけましたか?
初の子育て漫画でそれなりに楽しかったけど苦労しました。

作家として納得できないことは多々あれ。
作品の評判は上々でありながら、出版社に貢献できていないという
ジレンマは相当アレなものです。
高口は結構その傾向が強いと思うんですが、雑誌に対しての貢献度は
今回は高い方でした。珍しい現象。
だのに打ち切りの憂き目です。
だったらいつものように、雑誌アンケート最下位であったって
ある程度コミックスが売れればOKで良かったんじゃ。

まぁ、それじゃ一回掲載しておしまいと言われそうですがね。

子育て漫画は退屈ですが、大変な作業でした。
モチベーションが続かず(人気が高くてもコミックスは売れない)
打ち切り前に後半はほとんど自滅状態というのが本当のところです。
それでも楽しんでくれた皆さん、ありがとうございました。

これから何を描いていくのか不明ですが暫く好き勝手に描くかもしれません。
もう意に反して描くのは体が受け付けなくなっているので。
ということで。

ラブリーな愛猫の画像で和んで下さいませ!
cat1cat2cat3

コメント

  • 「紅のメリー・ポピンズ」、連載お疲れさまでした!

    高口先生にそんな葛藤があったとは露知らず、俺は未だに、何度もコミックスを読み返すほど、好きな作品です。最終4巻の辺りは、掲載誌上で駆け足になり、「ん?」と思った所もありましたが、しっかり完結させてくれたことがとても嬉しかったです。

    個人的には、高口先生の描く、大人のラブストーリーが読みたいですが、試行錯誤しつつも楽しく描ける作品を発表できる場がありますように!そしてそれをまた読めるのを楽しみにしています。

    2014年10月24日 9:24 AM | きよ

  • あすか組も完結してほしいなぁ・・・(ちらちら
    1話200円でもなんでもいいです!
    パブーもあすか組のためだけ利用してます。
    是非是非よろしくお願いします!

    2014年10月29日 10:55 PM | 灰色の魔女

  • 初めまして。紅のメリーポピンズをオンラインの漫画サイトで知り、手元で読みかえせるようにコミックスを買いたいと、検索したところ、こちらのブログを見つけました。
    この作品を読み、漫画家さんとは、絵が上手いだけではなくテーマに対しての認識の深め方、勉強量が半端ないのだと、とにかく驚きました。
    そして、何よりこんなに素晴らしいと感動させられた作品が、実は描きたいものではなかったと知り、ただただプロの仕事とは、こんなにも突き抜けているものなのか、と鳥肌が立つほどの驚きでした。

    周りで出産する人全てにお祝いとして贈りたいほどなのですが、よくある育児雑誌などで紹介されないのは、よくある雑誌を買う必要がなくなるほどの出来栄えで、ただただ脅威でしかないからなのでしょうか。私は専門家ではありませんが、育児本を携えて(すがって?)日々子供と向かい合う者として、育児界の黒船のような作品に出逢えたことに、感激と感謝の念でいっぱいです。

    色々な事情がおありと存じますが、この作品を産んで下さったことに、イチ読者にしか過ぎない私が不相応、かつ、以前から先生のファンの方たちからされますと、甚だ差し出がましいとも存じますが、お礼申し上げたく投稿させていただきます。
    ありがとうございます。

    どうか先生の筆が引き続き輝き続けますよう、陰ながらお祈り申し上げます。

    2020年10月18日 1:55 AM | Rmaman

  • たいへん熱いコメントありがとうございます。
    年末進行中の高口に代わってお礼申し上げます。コメントは高口も読ませてもらっています。これからも応援よろしくお願いします。(スタッフ)

    2020年10月25日 10:42 PM | 管理人

  • 初めまして、50代半ば、子育てもひと段落のおばさんです。
    Rmamanさんと同じく、オンラインのサイトで知りました。
    1話目から虜になり、コミックを探すも在庫なし、なぜ連載当時に知らなかったのかと悔やまれます。
    どうも電子書籍には慣れませんか、コミックが手に入らないので、初めて電子書籍のコミックを購入しました。
    先生が葛藤の中描き上げて下さった作品、時が経っても感動を与えてくださり本当にありがとうございました。
    職場の子育て世代の方におススメしている、おせっかいおばちゃんになっています。
    グランマの憂鬱はコミックを購入いたしました。
    遅ればせながら、高口先生のファンとして、
    先生の昔の作品、これからの作品を追いかけて行きたいと思っています。
    終了当時の先生に、お疲れ様でした、感動をありがとうございます、とタイムマシーンに乗って伝えたいな、とアホな事を思いながら、今日も紅のメリーポピンズを読んでいます。

    2020年11月27日 9:35 PM | けるるん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントフィード

トラックバックURL: https://www.takaguchi.net/wp1/wp-trackback.php?p=1218

« »