ロンタイBABY

ロンタイBABY喧嘩上等1974

舞台は1974年、山に囲まれた関東北部…校則違反のロンタイ(ロングでタイトなスカート)のチャコとマコの痛快な暴れっぷりと、ゆれる恋模様で人気を博したロンタイBABY。2011年に再開の新作(ロンタイBABY喧嘩上等1974)では、チャコとマコが一人の男をとりあう!?全4巻完結!旧作もたびたび文庫化などされましたが、現在新品は流通してないようです。講談社から出版された14巻15巻がKindle版で読めます。


ロンタイBABYー喧嘩上等ー1974 第3巻発売

新刊情報

lontai7

ケータイコミックとして連載しておりますロンタイBABY、3巻が発売されました。ぜひお読みください。

続きを読む

ロンタイBABYー喧嘩上等ー1974 第2巻発売中!

新刊情報

lontai2

『ロンタイBABYー喧嘩上等ー1974』第2巻が発売中されました。ナンパレースの真相が明かされ、あの人物の本性も… ぜひ読んでください。 懐かしのキャラ1年生のクーコもちょこっと出てきます。思い出せなかったら旧作を読み返…

続きを読む

ロンタイBABYギャラリー

ギャラリー

ロンタイBABYギャラリー

カラーイラストを集めました。

続きを読む

赤裸々作品解説…ロンタイBABY その一

赤裸々作品解説

lontai3

ロンタイBABYを描こうとした動機は当時ヤングマガジン(講談社)で二人組のヤンキーが活躍する アノ漫画に触発され、女二人組も有りだよね。ってことでヤング誌狙いだった。 あすか組もやってたし、これが実現したらりっぱなやさぐ…

続きを読む

赤裸々作品解説…ロンタイBABY その二

赤裸々作品解説

lontai4

女子高育ちの高口はヤンキー寄りだった。 ダチはほぼヤンキーだったし、彼氏は族だったのだけれど生粋のヤンキーでもなかった。 一人になれば自室で漫画を描いていた。 今思えば妙な女子高生だったよ。 集団走行と思いきや同人誌とか…

続きを読む

赤裸々作品解説…ロンタイBABY その三

赤裸々作品解説

lontai5

「ロンタイBABY」の連載が決まった時、ああいよいよ始まっちゃったよ。 やさぐれ漫画第二弾だ。 だけど、あすか組がそうであったからって、前に述べたように当たるか当たらないかは まったくの謎。 少女漫画でヤンキー物なんてタ…

続きを読む

コメント

  • 1974年当時、私は小学校6年生でしだが、スケバンのお姉さまは、みんなロングスカートにピチピチセーラー服でした。
    中学校時代は同級生にヤンキーがたくさんいましたし、区内の中学校からスケバンがなぐりこみにきたこともありました。正門から堂々と入ってきた彼女たちの姿をを今でも鮮明に覚えています。
    あの頃の学校は、荒れてはいましたが、陰湿なイジメもなく、ヤンキーの生徒が意味もなく普通の生徒に悪さをすることもありませんでした。

    あの頃を思いだし、一気に読みました。
    ぜひとも続編をお願いします!
    ちなみに、私は久信と厚子が気になります。板倉の行く末もです(笑)

    2014年7月5日 1:55 AM | 桃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.takaguchi.net/wp1/wp-trackback.php?p=827