赤裸々いじめ解説

赤裸々作品解説 高口の日常

Victorians-standing out from the crowd
Creative Commons License photo credit: 小猫王

連日のいじめ報道。
「葬式ごっこ」このワードで一気に記憶は86年頃にすっ飛んでった。
「花のあすか組!」を描くきっかけの一つになった「いじめ」が大きくクローズアップ
された時代。
「葬式ごっこ」は当時でも衝撃的なことだった。26年くらい前のことだ。
因果は巡るのか流行は巡るのか。
どっちにしてもいやなリバイバル。
いじめに関して、大人は(教師も含む)どう判断していいやらなのだが、あたしらくらい
の年代になっちゃうと「いじめ」と「からかい」との違いが正直よく分かっていない。
あすか組でも散々語ったけど子供って同じ年代同士、最初どうやって関わっていけばいいのか
と思った時まず相手をつついたり、小突いたり接触してみることから始めたりするもの。
ちょっとしたからかいで注意を引いたり。
そんなことを繰り返して仲良くなったりするものだ。
ところが最近の子供って限度ってものを知らない。あと想像力。この二つはとても大事だ。
極端にスキンシップが減っている現代の子供らは肌で感じることがない。
取っ組み合いの喧嘩の意味。
殴ったり殴られたりする意味。
兄弟が少ないこと。学校側にいじめに対して過敏になりすぎるあまりちょっとの諍いも許さない環境があったりすることも。
原因はさまざま。
親という立場では本当に子供の中学校時代というのは頭が痛い。
ウチの息子はどうみてもいじめる側ではない(ヴィジュアルを含め)
体は小さく空気を読めないゲームオタクだから正にいじめられる要素の塊であると言っていいくらい。
だから地元の中学校に進学させるのは不安だった。
ほとんどが小学校からの持ち上がりというのも不安に拍車をかける。
小学校時代に良い関係性を持った友人同士が逆にやばかったりするのもありがちだからかな。
だから地元から離して越境入学させてみた。
結果はいじめられて死ぬようなことはなかったけど、二年生の冬にクラス内で起きたちょっとしたことで
はじかれて戻ってきた。
「死にたい」とメールしてきたこともある。
「いじめられた中学時代」のサンプルみたい。

学校なんて行きたくなければ行かなきゃいいんだよ。
意地があるなら行けばいい。
行って戦ってくりゃいい。
勉強なんて後回しでいいよもう。
生きて中学校を卒業してくれりゃさぁ。
って…なんて時代なんだろう…。

ちなみに息子は今は普通のオタク大学生…。
誰かこの世からケータイとパソコンとゲームを無くして欲しい…
(いじめよりも新たな問題で頭が痛い今日この頃…)

コメント

  • 初めまして。いつもツイッターではお世話になっております。
    未桜(みお)と申します。
    私はリアルタイムであすか組で育った世代で、ドラマも映画も拝見してました。漫画は勿論全部持ってて、時々読んでは癒され、心が落ち着きます。実は今もそんな時期なんですw
    さて、リアルタイムにいじめ問題が起こり、私も大変憤慨してます。
    自分も同じ経験がありましたが、時代なのでしょうか?いじめを通り越して犯罪になっているのが現状のようです。
    私があすか組を読んで、強くなれたように、今いじめられてる子達にも、読んで強くなって貰えればな。。。そう願うばかりです。

    暑い日々が続きますが、先生、スタッフの皆様、お体ご自愛下さいませ。

    また、これからも宜しくお願い致します。

    2012年8月7日 10:50 PM | 未桜

  • 未桜さん、コメントありがとう。そしていつも応援して下さって感謝です。

    いじめの問題は本当にネが深いね。
    当時のあすかちゃんはちょっとだけ希望的な描き方をしてますが、作者が直面してみるとそんな単純なことではないかも?と思われ…
    だけど本当に当時はその世代(中学)のファンと同じように「いじめ」という問題に体当たりでしたね~
    あすかに助けられてると手紙がたくさん来ました。
    わたし自身は、戦場(学校、教室)で今、闘っている皆に対してそんなリアルな助けにはなれなかったけど、どこかであすかが、あすかの言葉や行動が皆の救いになってくれているということに逆に勇気づけられたよ!
    こちらこそありがとうと言いたいくらいだ!!

    そんなわけで今回の連載も楽しみにしててね!
    よろしくお願いします~~~

    2012年8月10日 6:54 PM | 殿

  • こんにちは。
    初めてコメントをさせていただきます。

    この前何気にクローゼットの中の本棚を
    整理してたら、虹色仮面がでてきて、また
    読みまくってます。
    何年か前に、たくさんになりすぎた漫画を売ったんですが、
    虹色仮面だけはどうしても売れませんでした。
    当時、近所の本屋には続きが無くて、
    大阪に旅行に行ったときに続きを買ったりして
    必死に集めたし、それにベガと虹の関係性がものすごく
    好きだったので、絶対これは残しておくべきと思いました。

    しばらく漫画熱が風前の灯になってたんですけど、
    おかげでまたいい感じに燃えてきました^m^

    また、高口先生の本をバンバン買いたいと思います。
    ネットがあってよかった~。
    でもあの苦労して集めた時もよかったよ~な複雑な気持ちです(笑)

    2012年8月30日 3:28 PM | びー

  • びーさん、ご愛読ありがとうございます~
    嬉しいです!
    本当に近頃は本屋にコミックスがなくてすいません。
    ネットがあって良かった~
    これからも感想など書き込んでくださいね~

    まってます~~!

    2012年9月1日 8:59 PM | 殿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.takaguchi.net/wp1/wp-trackback.php?p=710

« »