赤裸々作品解説…ロンタイBABY その二

赤裸々作品解説

女子高育ちの高口はヤンキー寄りだった。
ダチはほぼヤンキーだったし、彼氏は族だったのだけれど生粋のヤンキーでもなかった。
一人になれば自室で漫画を描いていた。
今思えば妙な女子高生だったよ。
集団走行と思いきや同人誌とかやってるし。

ウチの高校はまあまあのヤンキー校。
県庁所在地にあったので地元ではトップと言えた。
810人いた同級生は卒業時きっちり100人減っているなど素敵な校風が売り。
普通科、商業科合わせて総数3000人という女の園。
マンモス女子高だった。
いわずと知れた「清尊女子商業高校」のモデル校ぞなもし
真面目な娘からすれっからしまでお好きな娘をどうぞ、てなもんよ。

一年時、クラスメイトに一年で番を張ってるヤツがいて、それが運の月。
凄くナチュラルに仲が良くなったわけだが、この彼女がマコのモデル。
兄貴が二人いてどっちも地元の顔役。妹はイッピの中坊。四人兄妹だったけど、親父のヴィジュアルは
漫画とそっくりなはず。
随分ネタに使っちゃってごめん。
一方チャコはというと、こいつというモデルはいない。
当時のダチをごちゃ混ぜにした代表的なキャラという感じだ。
兄貴が族の頭なんてゆーエピはよくあることだったかもしれない。
実際、マネージャーだった友人の弟が有名どころの族に、支部長をしないか
とスカウトされたとか。こっちは北関東で地元の族は「下野連合」やら
もう記憶に残っていないけど三つくらい大きな所帯があったような気がする。
小山、足利、宇都宮。
かのブラックエンペラーの支部とかスペクターの支部とか支部は
結構あったかもしれない。
何を隠そう地元も地元で小さな所帯もあったのね。
頭の彼女ってのはそんなレベルだったのですよ。ふふふふ。
わらしはそこで茂木やら雀宮やら間々田やらに出向いてブイブイ(死語)していたわけだ。

ロンタイのキャラだと誰に近いのやら…。
芳野かな?いや、あんな渋くないぞよ。
大塚さん…。いや、あんな男が切れない女じゃないよ。
スケールを小さくした田崎かもしれない…実際あんなに面倒見は良くないしな。

だいたい無茶をするヤツが後から後から湧いてくる。
それだからあたしなぞはまあまあと納めに入るポジションに自然となってしまうしかない。
あたしまで無茶やったら収拾がつかないからだよ。ホントにもう。
眼鏡のフレームが銀縁だからって朝から呼び出し食らって締め上げられる下級生を救う。
赤か黒がいいよ。コナかけられずに済むからとか助言付きだよ。優しいなぁ。

作中、チャコマコや他の先輩らがセーラーの背中にスカーフの三角を出しているのをご存知だと思うが、
イッピの生徒は出していない。
先生の目に入るとスカーフを襟の中に入れなさいと注意されるからだ。
ようするに、三角のないことが正しい制服の着方なのだよ。
だからあの三角印は構内では抵抗の証。外では喧嘩上等の印となる。
後ろ盾のない下級生が上級生に見つかると〆られるので要注意というわけ。

美AN火の溜まり場「すずらん」は実在した喫茶店。
コリアンのマスターとママがいて仲が良かった。よくそこで制服のままジンライムを
飲んでいたっけ。ああ赤裸々ね。
いつかはママと一緒にお一人様一袋のお米五キロを買いにいったことがある。
派手な格好のママとセーラー服姿の女子高生がスーパーの特売日に、妙だ~
ところで学校の合唱コンクールで我がクラスのチョイスした歌が「イムジン河」
何故この歌にしたのかは不明だけれど、(映画「パッチギ」をご覧下さい)
随分後になってあの歌の意味を知ったのだった。凄いなうちの学校。うちの担任。
今じゃ絶対歌わせてくれないよね。(当時たしか放送禁止歌だったかもしれない)
不思議だよ。そんなことどうでもよく普通にコリアンの人達と交流していた自分ら。

マコが「アパッチ」を飲んでいた喫茶店「車門」も実在していた。
アパッチとはホットコーラのこと。
炭酸が抜け切った飲み物。なんとなく癖になる。試してガッテン。

その三へつづく

コメント

  • 思い出した~

    小山の「一寸法師」だ~

    藤泉さん、待ってました。絶対出没すると思ってたよ。
    毎年チャッピーにチョコあんがとね~~
    これからもロンタイよろしく!

    2012年4月16日 10:44 AM | 殿

  • チャッピー♥♥♥
    (サービスショットありがとうございます♡)

    うちの学校じゃ、背中の三角を出さないと先輩からチェックが入るもんで、きれいな三角を出すためにスカーフの端を切り落として、襟の裏に縫い付けてましたね。
    (ある意味全員が喧嘩上等だったのね……あはは)

    一般的な三角定規くらいの大きさで見せるのがイッピ。
    そうでないオネエサン達は、ちょっと小さめに見せてたもんです。
    スカーフも胸に垂らさず、セーラーの襟を巻き込むようにくるんで、先っちょだけを小さく小さく結んだもんですよ(笑)

    なにぶんセーラーの上着を極端に短くするもので、上はコンパクトにして短さをごまかしてた部分もあったんでしょうね。
    必然的にスカートは長~~くなる。
    5~6人でつるんで歩くだけで、それなりの視覚効果はあったんじゃないでしょうか~。

    2012年4月17日 12:58 PM | 藤泉

  • ロンタイも大好きです。皆のヤンキー振りがよくて。
    これからも楽しみです。

    2012年11月5日 6:52 PM | 琉

  • 先生はじめまして!十代からロンタイ愛読してました!
    一時突然終わってしまいプレイバックが出た時は感動し、
    只今34歳喧嘩上等1974が出たと知り狂喜乱舞しました(^-^)
    3巻まで手に入れて早くも4巻が待ち遠しいです。
    先生、お身体に気をつけてこれからもチャコ・マコ描き続けてください。

    2012年11月6日 10:07 PM | ユウコ

  • はじめまして、ロンタイ続編が出てたんですね!思わず三冊まとめ買いしてしまいました(^_^;)中学の頃から読んでいてまた、読めると思うととっても嬉しいです!!
    マコやチャコは、年がとらなくて羨ましいです(>_<)あの頃に戻りた~い(T_T)

    2012年11月10日 2:38 AM | ルナ

  • ユウコさん>
    初めまして、ロンタイご愛読ありがとうございます!
    今回は二年間の連載という期限付きでの復活となりました。
    最終原稿はもう上がっちゃってますが、コミックス楽しみにしてて下さいね~

    ルナさん>
    初めまして、続編密かにやっちゃってました~~まとめ買い大変ありがたいです!!
    最終巻もよろしくお願いしますね!
    わたしも戻りたい~~~!

    2012年11月13日 6:59 PM | 殿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.takaguchi.net/wp1/wp-trackback.php?p=659

« »