赤裸々作品解説…ななひかり その二

赤裸々作品解説

いったいわたしはどうしたいのか。
物語が終わるまではこのモチベーションは当然続く。
続いて来たし、続かなかったことなど特殊な理由を除きなかったし。
「ななひかり」に関してもどうしたいのか分からないというようなことはなかったと思う。
ただねぇ…。
男子高校生っていうのにあまり食指が動かなかったというか。
いやな予感はしたんだ…。

編集部の意向としては若い男の子が主役というのが好ましい。
「オヤジ」はいかんともしがたい題材(素材)。
やんわりだけど牽制された格好。
前作「世の中~」にも四海というキャラが男子高校生だが、これも青いのね。
青くて食べる気も起きない。あくまで作者がだけど。
ただ主役ではなかったのでなんとか料理出来たかもしれない。
男もそうだけど腐りかけがいい。
なんともエロい感じになってて(本人にその気がなかったとしても)
いい味出るんだ。
雑誌の傾向にもう合わなくなっていたのかもしれないな。
「PINK」の件もあることだし。

若い男の経験の浅さ、青さにに、イライラするだけで寛容になれないわらくし…。
男は30前後から時代は50代。
初めて30歳代を主人公に描いた「叫んでやるぜ!」など、掟破りもいいところで、
どうやって編集部を説得したのかさえも覚えていない。
多分、声優で高校生の役を演じているということと童顔ということが説得材料になったのかも。
当時としては型破りであったことには違いないと思う。
まぁ、この頃は何かを描きたいと言ったら何でも好きなように描けた時代だったから。
楽しかったよ。30代。
だから、この辺が逆に弱点となってしまったのね。
だけど、せっかく『オヤジ』はアリということが実証されたんだし、高口版BLに高校生は
せいぜい十分の一の割合で登場するかもしれないけど。(出ないってこと?)
渋くてエロいの描かせて欲しいものだ。
脱がせないでイカせるから。

洋音と渡。この二人を関係させた時、何かが変わっちゃったんだね。
いわゆる方向性とか、萌えとか、そんなものが。
芦沼は好きだったけど、やっぱり青め…。ギリギリのところであんな男子高校生はいないなぁ
と、どっかで冷め切っちゃってて。
そうしたら上手く動かなくなった。甘いな…自分。
高校生が弱点になろうとは…。歳は取りたくないもんだ。

コメント

  • 渡好きでした!なんか醸し出す雰囲気が。料理人てのも更にw そかぁ…雑誌の意向と描きたいもののギャップは難しい問題ですね…。大人のBL雑誌はないのかな〜?

    2012年4月21日 9:04 AM | きよ

  • こんにちは。赤裸々すぎてこちらまでなんかハイテンションになっています。
    昔(学生時代)は、BLは見た目重視、高校生くらいの純粋で若いぴちぴちな体じゃないと絡みなんてさせるんじゃない!とまで思っていました。しかし、自分が30代にもなると、大人であるが故の駆け引きにまつわる苦悩とか、醸すエロい雰囲気のほうが美味しくなって、高校生はなんというか、「若いから今だけのノリ」的な感想しか抱かなくなってます。オッサンの恋愛にこそ感情移入できて、その恋愛がダメになった時の自分のダメージも大きくなってます。
    オッサンBL雑誌、とまで言わんでもアンソロで出してほしいです。

    2012年4月21日 10:26 AM | おっさん姫

  • きよさん、おっさん姫さん、コメントありがとう~
    大人のBL誌。いいですね~
    お子ちゃま相手はもうたくさんですわ~
    いろんなBL誌に投書してみてくださいよ~~皆さん!

    2012年4月21日 10:47 PM | 殿

  • 御無沙汰しております。ななひかり…感想書かなきゃ、とずっと思っていたのですが、すごく難しくて。コキューストの方がすらすら書けた。
    はっ!やはり高校生を持て余していたのか自分!(と作者の解説で目から鱗)高校生、こうこうせい…嫌いじゃないですよ、いや好き!(某スケートの上手い高校生とか)でもエロスの対象にはならないか、もはや(それを人はおかんと呼ぶ)
    エロいのは、「沈まぬ太陽」で、謙さんが大好きって時点でボロ負けなのに、「負けないっ!」て感じで、謙さんを苛める友和です。「愛してくれないなら、消えてくれ!」って感じで、謙さんをアフリカ送りにするあなたが好き。殿が以前視聴推奨してらっしゃいましたが、ツボはこの辺ではないですか?(結局オヤジ談義に…)

    2012年4月21日 11:43 PM | いぬち

  • コキュートス!

    次の赤裸々候補だね!
    皆読んでくれいっ!

    三浦さん!いい味出過ぎかぁぁ!
    よく分かってらっしゃいますなぁ、さすがです!

    2012年4月23日 10:14 AM | 殿

  • 殿へ

    私は「ななひかり」好きです。おもしろかったです。
    「幸運男子」からずーーっと読み続けてるファンとしましてはBL書き続けてほしいです。

    編集部の意向とか色々あって、殿ほどのベテランの漫画家さんでも大変なのか、と思ってしまいました。

    おやじBLありですよ!絶対いけると思うんですが。
    あ、でも「SEVEN」も好きだし高校生でもいいです。
    「SEVEN」の続編どうですか?

    2012年4月24日 2:28 PM | みほこ

  • ありがとうございます~

    そのうちに「SEVEN」につても赤裸々に語ってみましょう。

    BLに関してはベテランの方がデメリットであります。
    編集部は常にフレッシュな新人を探している。
    原稿料も安くすむし、感性も若く、表現方法は分かり易い。
    子供が楽しむにはもってこいなんです。
    大人になっちゃうと、直球勝負はつまんないってことですかね。

    2012年4月25日 12:57 PM | 殿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.takaguchi.net/wp1/wp-trackback.php?p=666

« »